So-net無料ブログ作成

人気おすすめココナッツオイルの通販最新情報!

人気おすすめココナッツオイルの通販最新情報を紹介します。

 

ホワイトニングや歯周病予防のココナッツオイルプリングの方法はこちら! [ココナッツオイルプリング 方法]

ホワイトニングや歯周病予防のための
ココナッツオイルプリングの方法を紹介します。



1、大さじ1杯(約15cc)のココナッツオイルを口に含む。



2、口の中で15分ほどクチュクチュゆすぐ。
  この時のポイントとして、歯と歯の間を吸い入れたり押し出したりして
  オイルをまんべんなく動かして歯全体にいきわたるようにしてください。



3、終わったら油なので排水口には吐き出さず
   レジ袋などに包んでゴミ袋に捨てる



口の中でクチュクチュする時間が15分と結構長いので
毎日できないという方は5分だけでも効果はでるそうです。


ココナッツオイルスプリングをするとわかるのですが
終わった後は、意外にもスッキリした感じです。


とっても簡単なので
毎日の歯磨きの後に行ってくださいね!


ココナッツオイルスプリング用のココナッツオイルは
楽天で購入できます。
↓↓↓
>>オイルスプリング用のココナッツオイルはこちら>>















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

ホワイトニング効果があるココナッツスプリングの効果とは? [ココナッツオイルプリング 効果]

ココナッツを知れば知るほど益々手放せなくなるココナッツオイル

なんと、

ホワイトニングに効果があると言われている
ココナッツオイルプリングの効果とは何でしょうか?


順天堂大学大学院 医学博士 白澤卓二先生によると
中鎖脂肪酸であるラウリン酸がココナッツオイルには豊富に含まれ、
そのラウリン酸には強い抗菌作用があるようです。


つまり、


ココナッツオイルプリングすることでラウリン酸が、
歯磨きだけでは退治しにくい口の中の歯周病などの菌を
退治する効果があるといいます。


さらに、


歯が白くなるという自然な
ホワイトニングの効果も期待できるそうです。


と言うことは・・・


毎日の歯磨きの後にココナッツスプリングをすると
よりホワイトニングや歯周病予防に効果が期待できますね。



ココナッツスプリングは5分間だけでも
効果があるようなので、
毎日継続できそうですね。



楽天にはココナッツスプリングにお薦めの
ココナッツオイルがあります。


>>ココナッツスプリングにお薦めのココナッツオイルはこちら>>
























nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

週に70個売れるセシル オーガニック ココナッツオイルを通販で買えるお店はココ! [セシル オーガニック ココナッツオイル]

今でも週に70個は売れるココナッツが・・・


「セシル オーガニック エクストラバージン ココナッツオイル」


セシル・ココナッツオイル.jpg


このココナッツオイルは料理に使うことはもちろん、
美容や健康にもいいということで人気のようです。


また、


ホワイトニング効果や歯周病予防にも
効果あると言われているので
ますますココナッツオイルは必需品になると思います。


セシル オーガニック エクストラバージン ココナッツオイルを通販では
楽天のこちらのお店で購入できます。


このお店は翌日発送可能で
今なら在庫もあります。


欲しい方は早めにチェックされるといいですよ。
↓↓↓
>>楽天 セシル セシル・オーガニック・ココナッツオイルはこちら>>


















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

美肌効果だけでないココナッツオイルの意外な使い方とは? [ココナッツオイルスプリング]

世界不思議発見やめざましTVでココナッツオイルが紹介され、
店頭ではココナッツオイルが完売するくらいブームになっていますね。

また、最近になって
ココナッツオイルの意外な方法を知りました。


それが・・・

「ココナツオイルスプリング」


ココナッツオイル.jpg



ココナッツオイルを口に含んでグジュグジュするだけで
歯周病予防ホワイトニング効果があるようですね。


歯磨きではなかなか歯は白くはならないので
ココナッツオイルを併用するといいですね。


元々オイルスプリングっていうのは
インドのアーユルベーダの健康法で
古くから知られているようです。


15分くらいクチュクチュするようですが、
ちょっと、15分というのは長いので
5分だけでも大丈夫のようです。


美肌以外にも歯のホワイトニングにも効果がある
ココナッツオイルは手放せないですね。


なお、ココナッツオイルはこちらから
購入できますよ。


>>エキストラバージンココナッツオイルはこちら>>






























nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

めざましTVで紹介されたココナッツオイルスプリングとは? [ココナッツオイルスプリング]

「ココナッツオイルスプリング」 ってご存知ですか?

ココナッツオイル.jpg


オイルスプリングとは、オイルを口に含んで クチュクチュする方法。


この方法がめざましTVで紹介されていました。


クチュクチュするだけで
ホワイトニング効果歯周病予防になるようで
早速、歯磨きの後に行っています。



大さじ一杯分のココナッツオイルを口に入れて
15分くらクチュクチュするだけ。 


ちょっと、15分っていうのは難しいので
5分くらいクチュクチュしています。

TVでは5分くらいでも問題ないといっていました。


まだ、ココナッツオイルをもっていない方は
こちらから楽天で購入できますよ。


>>オイルスプリング用のココナッツオイルはこちら>>























nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

トランス脂肪酸を含まないココナッツオイルの魅力とは? [ココナッツオイル トランス脂肪酸]

エキストラバージンココナッツオイルは、
コレステロールはゼロ!

コレステロールは取りすぎることで
動脈硬化の原因となる物質です。


また、

トランス脂肪酸もゼロ。

このトランス脂肪酸は、血中の悪玉コレステロールを上昇させ、
コレステロールと同じように動脈硬化や心臓疾患の
リスクがあると言われる物質です。


ここで、トランス脂肪酸(TFA)って何?と思った方に
簡単に説明します。


トランス脂肪酸とは、
水素添加された硬化油や精製植物油、
加工油脂などで生成する物質です。


デンマークでは2004年に工業用トランス脂肪酸を
脂肪の2%以内にする法律を発表しています。

また、アメリカ・カナダでも表示義務があり、
カリフォルニア州では飲食店などでトランス脂肪酸(TFA)を
全面規制する州法があります。


世界でトランス脂肪酸に対する規制の動きがあります。

日本でも、2011年に消費者庁からトランス脂肪酸の
含有量表示に関するガイドラインが発表されています。


日頃、何気なく使用している油(オイル)ですが、
そのオイルはほとんどが加工油なので
トランス脂肪酸が多少なりとも含まれています。

少しでも体への影響を少なくすることを考えると
トランス脂肪酸のリスクやコレステロールのリスクの少ない
ココナッツオイルを使用したほうがいいですよね!




























nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

バージンココナッツオイルがローフードで使われてる理由とは? [ココナッツオイル ローフード]


バージンココナッツオイルは、
ローフードを実践する人に重宝されています。

ローフード(raw food)とは、
生の野菜や果物、海草などの食材を
火、熱をかけることなく、生に近い状態で食べる食事法のことです。

美容や健康を気にかけている方に人気の食事法です。

食物に含まれている酵素やビタミン、ミネラルは熱に弱く
調理することで肝心な栄養素が失われてしまいがちです。

ですから、

加熱せずに生で食べることによって
栄養素をそのまま効率よく吸収することができ、

さらに、

免疫力のアップや、ダイエット効果などが期待できます。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

エキストラバージンココナッツオイルの3つの特徴とは? [エキストラバージンココナッツオイル 特徴]

ココナッツオイルの中でも
エキストラバージンココナッツオイルが一番の人気ですが、
その秘密を紹介します。

実は・・・

エキストラバージンココナッツオイルが選ばれる理由は
3つあります。

1、オイルが体にたまり難い。


「オイル=太る」とイメージし易いですが、
ココナッツオイルは別格です。

ココナッツオイルは中鎖脂肪酸なので、速やかにオイルが
エネルギーになり体にたまりにくい特徴があります。

ココナッツオイルに含まれている中鎖脂肪酸は
コレステロールもゼロなのでダイエット中の人にも安心して食べれます。

極度な食事制限、油脂制限によるダイエットは肌のかさつき、
化粧ののりが悪くなりますが、ココナッツオイルを取り入れることで
美しいダイエットができます。


2、中鎖脂肪酸ラウリン酸


ココナッツオイルは成分の50%がラウリン酸という
中鎖脂肪酸が含まれています。

このラウリン酸というのは、生まれた赤ちゃんを
細菌感染から守るために必要な物質で
母乳に含まれています。


3、調理や酸化に強い飽和脂肪酸


植物油であるココナッツオイルは飽和脂肪酸が90%以上含んでいます。

飽和脂肪酸は酸化に強く、不飽和脂肪酸は酸化に弱いという特徴があります。

植物油はほとんどが不飽和脂肪酸で酸化されやすく、
酸化された油は体にとって悪影響を及ぼします。

しかし、

ココナッツオイルは飽和脂肪酸なので
酸化安定性がきわめて高く、熱にも強いので
揚げ物、炒め物などの調理に使っても問題ありません。

オイルが酸化しないので体への影響を気にすることはありません。


以上、


エキストラバージンココナッツオイルの3つの特徴を紹介しました。


コレステロールゼロ、トランス脂肪酸ゼロで、
体内に蓄積されないオイルなので
ダイエット中の方にもおすすめのオイルです。
























nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

エキストラヴァージン・ココナッツオイルの選び方ガイド [ココナッツオイル 選び方]

ココナッツオイルの中でも
エキストラバージンオイルがお薦めですが、
色々なブランドがあって選ぶのに迷うと思います。

今回、実際に色々なブランドを試してみて
「これはお薦めできる!」5つのココナッツブランドを紹介します。

ご存知の通り、ココナッツオイルは、
食品として料理に使えるココナッツオイルや
化粧品専用のココナッツオイルなど色々種類がありますが、
私がココナッツオイルを選ぶ上で基準にしている4つのポイントがあります。

1、エキストラヴァージンである

2、美味しく香りがいい

3、化粧品としても食用としても使える

4、パッケージデザインが綺麗でかわいい

なお、ブランドや販売店によって、
フィリピン産やタイ産などのココナッツオイルは
現地から直送しているココナッツオイルがあるので
配送までに少し時間がかかるので注意が必要です。

現在、ココナッツオイルは人気なので在庫不足なので
入荷予定はお店に問い合わせたほうがいいですよ。


























nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。